Cassandre Montoriol

Biography

パリをベースに、世界で活躍するCassandre Montoriol(カサンドル・モントリオル )。彼女の伝統的な墨やグワッシュやクレヨンにより描かれる絵は、ファッション出版界においては、華やかな存在です。 彼女の表現豊かな、手描きのアート美学は、旅日記、ファッション・イラストレーション、そしてテキスタイル・デザインに渡って幅広く浸透しています。それらは多分、彼女の女性的スタイルが、多くの高級ファッション雑誌のページに取り上げられているからでしょう。最近の仕事では、騒然とした小さな本屋から、高くそびえる輝くファッションモールまで、緑のある都会の景色や街並、そしてインテリアを描くことが多くなっています。彼女は「私はカラフルで具象的な作品を作ります。インテリア・シーン、自然、景色、そして人間も私の対象です。」と言います。

Paris-based artist Cassandre Montoriol’s traditional ink and crayon drawings are the toast of the fashion publishing world. Her expressive, hand-drawn aesthetic is reminiscent of travel diaries, fashion illustration and textile design, which is perhaps why her feminine style is so often commissioned within the glossy pages of high-end fashion magazines. Recently Cassandre has been illustrating leafy city scenes and the interiors of shops from tiny, cluttered bookstores to towering, gleaming malls. “I make colourful and figurative work, Cassandre says. “Interior scenes, nature, landscape and people.”

Clients

Hermès/LVMH/Bloomingdale’s/GAP/M/B/Volkswagen/Agenda/Bonton/Buccellati/Glamour/Vanity Fair/VOGUE Japan/Marie Claire/The New Yorker.