Martin Haake

Biography

Martin Haake (マーチン・ハーク)は、受賞歴のあるアーティスト及びイラストレーターである。ハンブルグ及びロンドンで、フリーランスとして数年仕事をした後、現在はドイツのベルリン在住。イギリスのBritish Art Director’s Club D&ADでのYellow Pencil賞、ドイツのGerman Art Director’s Clubにおける、名誉ある2度の銀賞等、数々の国際的賞を受賞している。

彼の作品は世界各地で、大きな国際的プロジェクトとしても貢献している。彼の作品は、20世紀の超現実主義やダダイズム、アウトサイダー・アート、そして1950年代の子供用絵本の影響も受けている。 最初の絵本であるCity Atlasは、2016年に出版され、15ヶ国語に翻訳されている。

Martin Haake is an award winning artist and illustrator.
After several years as a freelance artist in Hamburg and London he is currently living and working in Berlin, Germany. Martin’s work has received numerous international awards, among them, the coveted Yellow Pencil from the British Art Director’s Club D&AD and two prestiges silver awards from the German Art Director’s Club.

His work is included in major international art projects around the globe.

Martin’s work is influenced by the surrealists and DADA artists of the last century, outsider artists as well as children’s book illustrations of the 1950’s.

His first picture book City Atlas was published in 2016 and has been translated into 15 languages.

Clients

The New York Times, The Wall Street Journal, Conde Nast Traveller, Travel & Leisure, Elle, playboy, Penguin Random House, Barnes & Noble, Yahoo, Washington Post, The Times, Bacardi, The Guardian, Orange, Daimler Chrysler, Plansponsor, SZ Magazin, Shangri-La Hotel Hongkong, DIE ZEIT, MARKis